堤防で釣ったカサゴ(ガシラ)を最強の煮つけにする作り方

はい。御菓司屋です。御菓司屋の釣り道でも紹介しているように「最強のカサゴの釣り方」があります。

まぁ、御菓司屋はただ、最強と言いたいだけなので。(笑)
まだまだすごいやり方や、改善の余地は多数あるとして。
あー、御菓司屋、最高って言いたいんだなー。あー言ってらー程度に聞き流してくださいませ。

とにかく!! 御菓司屋は
カサゴ(ガシラ ※関西では)を釣り上げました。
それは、最強のえさを使ってです。
最強のえさの作り方は、ユーチューブで公開してます。
知りたい人は、要チェックです。

さてさて、今回は「釣った新鮮なカサゴ(ガシラ)」を、どのようにして「最強の煮つけ」にするか?です。

煮つけを美味しくする方法を紹介しますね。

魚のうろこを取る、内臓を取る

まずは、魚のうろこを取りましょう。
そして、内臓を取りましょう。

魚にバツ印を付ける

魚の体の両側面に、バツ印を付けます。いや、丸でも良いよな?
バツより、マルの方が、パッと考えたら、良いよな。
これは、煮崩れを防ぐ為だそうですが、真偽は不明です。
まぁ、黙って先人の知恵をお借りしましょう! ここは。

使う材料

(食材)
・ゴボウ
・生姜
・長ネギ

(調味料)
・昆布だし
・酒
・醤油
・みりん
・砂糖

どこが最強だと。(笑)
至って、普通です。

入れる順番。まず、昆布出汁と、ゴボウと生姜を入れる

固い食材から鍋に入れます。

砂糖とみりんと酒と醤油と長ネギを入れる

砂糖とみりんと酒と醤油と、長ネギを入れましょう。

アルミホイルで落とし蓋(ふた)をする

さぁ、煮ましょう。
10分程、煮ましょう

まとめ

まずは、ここからです。
「基本こそ、最強です」

なんだそれ。(笑)