低温調理で鶏のレバーを美味しく食べる方法

2019年3月12日

えー。御菓司屋です。

いよいよ、伝説の鶏レバーを、作って行きましょう。
基本の作り方を解説します。
生肉の基本知識は「どの生肉を美味しく食べたら良いのか?」(準備中)で確認下さい。

鶏レバーの素材について

鶏レバーについてる菌は?

鶏レバーを作る前に、基本から確認して行きましょう。
まず「鶏レバーの
鶏肉には『カンピロバクター』という菌が付着している。
それを殺菌するには、基準が60℃で1分以上の加熱が必要です。

鶏レバーについてるウィルスは?

まずウィルスは、表面を削る処理で取ることが多いです。

鶏レバーの作り方

鶏レバーの下ごしらえ

1、牛乳で浸す
2、ジプロックの中に入れる。生姜と塩とお好きな人はごま油を

低温調理 65度で30分

菌を殺せる温度が分かりましたね?
60℃で1分です。
ですので、60℃以上で、数十分加熱します。
低温調理する。

ジプロックごと、冷水に入れる

冷やします。

食べましょう!!

はい、食べましょう。
まだまだ改良の余地があります。
これは、基本的な流れです。よろしくお願いします。

細菌検査する方法

出来た食品を、細菌検査する方法は何があるでしょう?
また報告します。

飲食店

Posted by okashiya