ミニボートに乗って海で釣りをする時に大事なポイント

堤防から釣るんじゃ無くて、渡船に乗るんじゃ無くて、ミニボートに乗って、釣りをしたい!!

分かります、その気持ち。

船舶免許を取って、クルーザーを港に泊めて、年間利用する前に。

もっとミニマムな世界で、やらなきゃいけないことがある。

それは「湖釣り」じゃなくて「海」で、ミニボートで釣る。

それを実現する時に、大事なポイントをまとめました。

海にミニボートを出す際の注意する7つ

超基本。ボートの持ち込みが禁止されてる港からは、出航できない。

ボート禁止の標識を見つけたら、そこからの出航は出来ません。控えましょう。

地元の漁師さんの船が行きかう為、危険ですし、邪魔になります。

これは超基本です。

船に名前を書いて貼っておく

万が一、流された時は、海上保安庁に連絡します。その際に、ボート所有者が分かるように、連絡先を張っておきます。

「旗」を高い位置に掲げたか?

他の船に確認してもらう為に、旗を掲げる必要があります。

エンジントラブルに備えて、オール(手漕ぎ棒)を積み込んだか?

何が起きるか分かりません。注意が必要です。

モーターに関しては、エレキモーターT-18を使いたいところです。

ライフジャケットは着用したか?

当然です。

携帯電話を防水ケースに入れたか?

海水に使っては、万が一の際に電話が出来ません。

風速4m/秒以上の時は海に出ない

ミニボートで一番多い事故は?

転覆が一番多いです。続いて、機械トラブルです。

ミニボートを操作する時、海上で、注意する事

基本、釣りとは言え、立ってはいけない!!

これ大事です。ミニボートは、船とは違い、立つ用には出来ていません。

立って釣りすると不安定になるので、注意が必要です。

波に弱い!!

波が高くなって来たら引き上げて下さい。波高20cmまでを基準にして下さい。

測り方、ちょっとわかりませんが!!

海岸から1km以内の沖で、乗ろう!

海岸から1km以内の範囲で乗るようにしましょう!

万が一、波がボートの中に入ったら?

浸水した場合の為に「バケツ」は必要です。

もしも海水が入ったら、バケツで水を出します。

それから「ロープ」も必要です。万が一漂流した時に、旋回中の船にロープを引っ掛ける為です。

人が泳いでいる海域には近づかない!!

プロペラは、人を傷つけます。危険です。

もしも人が泳いでいる所を通ったら、エンジンは止めます。

プロペラ部分は、海水から上に出します。そして、オールでこぎます。

波は、真横からは受けない。斜めに受ける。

真横から波を受けると、波高30cmで、ボートは転覆します。危険です。

斜め後ろから、波を受けるようにしましょう。

走行上のルールは?

は、基本は右側走行。港の近くは、出航する船が優先です。

航路付近に、停泊してはいけない。

海に立っているブイに、横づけして、係留してはいけない。

また「定置網」には近づかないようにしましょう。

万が一、転覆したら?

海上保安庁118番に連絡します。

ボートを乗る人に、嬉しいお知らせ。ボート出航OKの港がある!!

「禁止」の漁港も有りますが、逆に「OK」の漁港もあります。

「海の駅」と呼ばれてる場所は、比較的「ボートの出航OK」だったりします。

お近くの港を確認してみてください!!

釣り

Posted by okashiya