夜中に堤防(波止場)から鯵(アジ)を釣る方法 ノウハウ6つ

はい、御菓司屋です。今回はアジ釣りについて書きます。

昼間に仕事があって、予定があって、夜しか時間が取れない! ってことも多くあると思います。

そんな夜に、堤防からアジを爆釣する方法を、あなたにお届けしたいと思います。

夜に鯵を釣る。まずは基本の話

鯵は、やはり朝夕のマズメ時が、一番釣れるとされてます。

夜行性では無く、昼行性(ちゅうこうせい ※中高生では無い 爆)です。

一般的に7月~10月がシーズンです。しかし、冬でも釣れます。御菓司屋も真冬の1月に堤防(波止場)で釣ります!!

「集魚灯(しゅうぎょとう)」を利用する。

集魚灯は、灯台の光と違って、海岸に元からあるものじゃありません。自分で買う必要があります。

を用いて、その辺りに「プランクトン」をおびき寄せます。

コマセ(巻きえび)は、少なめにする。アジは、満腹にさせない!!

ルミカ水中集魚ライト ビット-2灯 赤 /メーカー[ルミカ LUMICA]

created by Rinker
¥649 (2019/05/21 06:35:04時点 楽天市場調べ-詳細)

堤防沿いにある「常夜灯(じょうやとう)」を探す。

アジは、夜になると波止場の常夜灯に寄って来ます。理由は「プランクトン」が光で集まるから。ですね。

だから、昼と夜では、アジの釣る場所を変える必要があります

堤防沿いの「波止場」で船が泊ってる下を狙う。

これも、夜にアジを狙う際に大事な考え方です。

波止場の常夜灯近くに止まってる船の下を、狙います

潮の変化が「鯵釣り」に与える影響は?

満潮と干潮の基本

満潮と干潮の前後1時間は「潮が止まります」。潮止まりの時間になります。

満潮時はどうなる?

満潮(まんちょう)とは、潮が満ちます。つまり「水位が高くなる」。
だから「魚が泳げる場所が増える」と言う考え方です。

アジの敵である「スズキ(シーバス)」は、満潮から2~3時間は活性します。

だから、この満潮後2時間は、スズキから逃げるアジは、逃げてるから釣りにくい

と言う論理になります

潮が動いてる時間帯は??

潮止まりを考えたら、潮止まり以外(満潮干潮の前後1時間以外)の時間は、潮が動きます。

潮が動くと「プランクトン」が移動します。

プランクトンが移動すると、アジも移動して、捕食します

だから「潮が動いてる時間は、釣れる」となります

また潮が動くと「水中酸素濃度」が上昇します。まぁ海水がぶつかり合って、酸素が含まれるってことですね

この理由からも、活性するので魚が釣れやすくなります

また「強い風でも、もちろん、潮は動きます!!」 突然の天候の荒れでも潮は動きます。

水面を見ましょう!!!

それでも、どうしても釣れない場合

ランガン(RUN&GUN)する。

ランエンドガン!! 走って、竿を降ろしてを繰り返して、堤防を攻めましょう!!