残留農薬量を測定する方法、土壌分析について

はい、御菓司屋です。今日は「残留農薬」の測定についてお伝えします。

やっぱり、食品をお客さんに提供する場合、安全な食べ物を届けたい。

残留農薬の測定法

一般的に
〇ガスクロマトグラフィー(GC)
〇高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
〇質量分析(MS)
を使います。

要するに、気化させて、順番に出てくる物質ごとに分ける。

「土壌分析」の方法

JAで、土壌診断をしてくれます。
受付窓口は「こちらで診断」です。

(1)pH
(2)EC
(3)可給態リン酸
(4)交換性カリ
(5)交換性石灰
(6)交換性苦土
(7)CEC
(8)硝酸態窒素
費用は約1万円。

さらに農薬に関して。
例えば「つくば分析センター」さんの場合
過去に農場で広く使用された土壌残留性の高い「DDT」や「ドリン剤」などの農薬が、国際的に残留性有機汚染物質(POPs)も調べることが出来ます。
200種類で費用は約5万円。

農業

Posted by okashiya