血漿(けっしょう)を取り扱っている日本の上場企業は?

血漿(けっしょう)に関して。
2022年現在のアメリカ医療で
貧困層が
自分の血を売って生活の糧にしている現状があります。
日本では治験と言う形で行われていますが、アメリカでは副業感覚で行われています。
企業は、庶民から採取した血液から血漿を取り除きます。
その血漿は医療現場に送られます。

今回は日米で、血漿を取り扱う上場企業を調べて見ました。

アメリカの大手上場医療企業

ジョンソン・エンド・ジョンソン

世界60カ国にグループ企業を持つ、世界最大級のヘルスケアカンパニー。
消費者向け製品、医療機器、医薬品などの分野で幅広い分野で事業展開している。

ユナイテッドヘルス・グループ

米国の医療保険会社。全米の大規模雇用主向けの(従業員)医療給付制度およびサービスやマネージドケア解決策を提供。

メルク

米国の大手医薬品会社。処方薬、ワクチン、生物学的療法、動物医薬品を通じて医療ソリューションの提供に従事する。

日本で血漿を取り扱っている上場会社は?

日本では血液の売買は行われていません。
なので、ビジネスにはなりません。
日本の上場企業で血漿関連を扱う会社を紹介します。

<武田薬品について>
武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き
自らの経営の基本精神に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする会社です。
研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)および消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤およびワクチンにも注力しています。

血漿分画製剤を作っています。

投資

Posted by okashiya