雀荘放浪記~3店舗目~静岡県静岡市雀荘「どくだみ荘」

2019年2月24日

御菓司屋は、東京から関西に向かって、真冬に50CCのジャイロで走ってます。(笑)

バイクで走ると、途中で凍え死ぬかなと思いましたが、ジャイロの全面にはフロントカバーがあります。
これが、何とか風を遮ってくれるので、進むことができます。


このバイクで、田舎道(下道)を、ひたすら走る!!

さて、移住検討の地「南伊豆」を出発して、天城峠(あまぎとうげ)を超えました。
なんかねー、クルクルクルクル回る道路がありました!!

あんなとこ、よく登れたなーと思います。
50CCのジャイロで(笑)

ただ、登る手前くらいから、エンジン音に異変が。
機械って、調子悪くなると「音が変わる」じゃないですか?
その「変な音」がし始めました。

御菓司屋は「自分でバイク、全く直せません!!!!!」
はい。
えー、エンジン急に止まったら、御菓司屋の頭も「きっと思考停止」になります。はい。

バイクのハンドルを握る両手に、力が入ります。
もちろん、南伊豆から修善寺に向かう途中、自然豊かな山道にバイク屋は無い。(笑)
当然、ガソリンスタンドも、まだ見えない。(笑)

こんな人気のない所で、バイク止まったら・・・。
12月の冬に。
御菓司屋はおそらく、嫌になって、旅打ちも中止になるでしょう・・・。

そこで、山道で偶然にもバイク屋さんを発見!!

やったぁーーー!!!

おじさんに見て貰ったら「マフラーの根詰まり」だと分かりました。
(10秒くらいで判断してくれる、熟練)

で、その後、少し走ったら、美味しそうな「御菓子屋さん」が、ありました。

三芳屋(みよしや)製菓さんを発見


(三芳屋(みよしや)製菓さん)
〒410-3213 静岡県伊豆市青羽根141

全面ガラス張りです。ガラス越しに店内を見たら、朝の10時過ぎに、数種類の和菓子が並べられてる棚。
なんか入りたい!!
御菓司屋(僕)は、勇気を出して、入店!!!

中に入って良く見ると
「シイタケママレード」が有名。
賞状も飾られている。

静岡の雀荘は?

そんなことよりもなー!!
ねぇ? 静岡の雀荘、どうなってるのよ?? ですよね。

静岡県の東(伊豆)から、中央部へと移ったら、どんな雀荘が待ち構えているのでしょう? ワクワク(笑)

ほんと謎です!!(笑)

しかし、過去を振り返ると
下田の「国士無双」さんは、面白かった。おすすめですよ。

次に向かうは「静岡県の県庁所在地、静岡市」です。
2018年12月現在
「(47都道府県の)県庁所在地には、だいたい『4人打ちフリー可能な雀荘がある』」だろう。
と、御菓司屋は、想像してますが
「それが、真実かどうか? は、僕自身が確かめてみないと、分からない」

「自分の目で、確かめたい」(笑)。
なので、静岡県の県庁所在地である「静岡市」へ向かいますか。(笑)
行こう。


静岡市駅前、2018年12月夕方、遠くにどくだみ荘さんの看板が見える

静岡県静岡市雀荘「どくだみ荘」

雀荘の詳細

=================
店舗名:「どくだみ荘」さん
フリー打ちレート:点10
営業時間: 行ったのは夕方!
ルールなど:看板は点3、点5と書いてあるが、フリーレートは2018年12月現在点10のみ!(昔はやってたよ)でも、良く考えられたルールと、チップ。
御菓司屋の勝手なお店紹介:どくだみ荘系列を、千葉や仙台など、いろいろ回られたと仰ってた店長さんのレベルが高いなーと思いました。レートを点5に近づけられたソフトピン。
ゲーム代:500円
住所:静岡県静岡市葵区伝馬町8-2ライブネット伝馬町3F
電話:054-252-3888
御菓司屋の戦績:勝ち!!
================

今は点5はやってなくて、点10のみでした。また寄りたいです。

店長さんが教えてくれた

御菓司屋「どこ泊まろう・・・」って相談したら。店長さんがサウナの聖地を教えてくれました!!

今回は、バイク(ジャイロ50CC)の都合上(笑)、出来るだけ進んでやろうと(寒いし)思って寄らなかったけど。

静岡サウナ「しきじ」さんは、また今度行こう。(笑)ありがとうございます。