移住を検討する場合、どうやって生計を立てるか?

移住を検討する場合

もし
どうやって「生計を立てていくか?」を考えたとして。

支援してくれる公共の制度がある。

「農業」「林業」を考えた場合。こう言うのがある。

<和歌山県移住者農林水産就業補助金交付要綱>

〇移住から3年以内
〇農業 露地野菜10a(アール)以上、施設野菜5a以上、果実20a以上
※1a(アール)は10m×10mのこと。ちなみに1反(たん)は約1000㎡のこと、つまり10aのこと。
〇林業 製炭4000kg(年間)

「起業」を考えた際。こう言う制度がある。

<和歌山県移住起業補助金交付要綱>

【補助対象】
補助対象となる事業は、県内で地域資源(農林水産物、伝統的生活文化や自然環境等)を活用して起業するにあたり、その起業に必要な施設等の整備を行う事業で、知事が別に定める審査会での審査を経る。

※ 地域資源の活用が、条件となる。

【補助金の対象となる個人】
〇移住推進市町村(地域)及び、受入協議会の支援を受け、同市町村へ移住した(する)者
〇事業実施年度の4月1日時点で、移住した日の翌日から起算して3年を経たない者
〇60歳未満

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする