雀荘放浪記~5店舗目~愛知県名古屋市雀荘「みそのクラブ」

2019年2月24日

はい。いよいよ静岡県から、愛知県名古屋市突入です。

場所は名古屋です。
ここまで大都市だと、雀荘を考えた際に「フリー4人打ち雀荘」は存在するでしょう。

 はい!! ありました。(爆)

しかもね、メチャクチャ、面白い麻雀でした。
何が面白かったか、これから説明します。

雀荘の紹介

雀荘の紹介

店舗名:「みそのクラブ」さん
フリー打ちレート:点10
営業時間:昼12時くらいから。ラストゲーム夜12時ほど。
ルールなど:4人打フリー有り! チップが300円。ソフトピンに近い。駐車場有り!
御菓司屋の勝手なお店紹介:スタッフの人も強かったー(笑)
ゲーム代:500円
住所: 愛知県名古屋市中区栄1-14-14御園パレス3F
電話:052-203-0006
御菓司屋の戦績:負け!!

みそのクラブさんのルール

このルールが面白いです!!!

「まるA(マルエー)」ってルールがあります。
説明します。
結論だけ伝えると「自分の持ち点が30000点を越えなければ、価値が無い!!」ってルールです。
つまり「皆が、30000点オーバーを目指しながら、麻雀する」ってルールです。

麻雀には順位がありますね?
1位、2位、3位、4位です。
1位を目指しますね。
でも、1位の取り方っていろいろありますよねー??

ゲーム終了時に
「2位」が「3万点を越えてるか?」が基準になります。

少し分かりづらいかもしれませんが、みそのクラブさんの面白いルールの説明を続けますね。

「2位」「3位」「4位」の皆さんが3万点を超えていない。
この状態が、一番「1位」の人が得をする状態です!!!


馬の付き方。

なんとなーく、分かります??
この3万点縛りルールが、ゲームを白熱させます!!
とくに「オーラス(半荘の最後、南4局)」。

ちなみに東京だと、雀荘「さかえ」さんとかがそのルールです。

同席したスタッフさんに聞いたら、やっぱりオーラスは
スタッフ男性「あー、意味の無いあがりは、しないですねー」
って言われてました!!


みそのクラブさん入口

実は・・・
御菓司屋は、そのルールが面白すぎて、西に行かず、しばらく通う。(爆)
そしたらある時、店長さんが、すっと、帰り際に、ゲーム券をプレゼントしてくれました・・・。
で、御菓司屋は、またもや西に行けず、次の日も朝から通ってしまう。(爆)

名古屋の昼飯

えー。もちろん、麻雀ばかり打つ麻雀放浪記では、ございません!!!

是非とも、腹ペコになった際に、行くべき場所もお話したいです。

このネギ・・・。「らむちぃ」さん。

えー。御菓司屋はネギは大好きです。ネギもキャベツも好きです、キャベツ関係ないですが(爆)。
このお店は「らむちぃ」さんです。
メニューは「ネギまみれの、味噌カツ」です。

みそのクラブさんから、そんなに遠くありません。でも徒歩だと15分から20分くらいかなー。
ボリューム満点です!! ランチ有。

みそのクラブさんの特殊なルール

あと、初めて行く人にお伝えしたい「大事なルール」があります。
※ もちろん、御菓司屋が行った時なので、変更はあるかも!?

チップ」に関してです。
「赤(5)」が、マンズ、ソウズ、ピンズに1枚ずつ入っています。(これは普通ですね)
でも、面前(鳴かない)です。鳴き祝儀はありません。
それに加えて!!!
満貫(4ハン)以上が必要です!!!
これが大事。
満貫以上無いと、赤のチップは、貰えません!!!
しかしながら!!(しかし) 1発と裏ドラは「満貫未満」でももらえます!!!

御菓司屋は「1発のチップ」を貰いそこねた・・・。(1発ツモの2ハン。※1発は満貫未満で、貰える)

みそのクラブさんの出前

えー。しばらく居たので「出前サービス」についても話します。

もし、昼もぶっ通しで麻雀打ちたい!! 夜も、飯で中断したくない!!!
そんな人は
麻雀の最中に「出前」を頼んでください!!!
とくに、常連さんが頼まれてた「お寿司」か「かつ丼」が美味しそうでした!!!(爆)

御菓司屋も、今度はたのむー(笑)