ユーチューブで面白い人は? ユーチューブで「面白い作品」はどんな動画か? やりかた5つ。

2019年2月13日

ユーチューブを眺めてみました。
どんな動画が人気あるのか? 確認しました。
「ユーチューブで面白い」とされてる動画は
何が違うのか?
お伝えします。

動画内容が分かりやすい!!

例えば、政治の話をされたり、特定の分野例えばスポーツカーのあるタイプの話をする。
一部の人はメチャクチャ興味を引くと思いますが、大衆受けはしませんね。

「誰が見ても、分かる動画。馴染みある素材を使った動画」は、やはり見やすいですね。

そのタイトルを聞いたり、内容について「特別な刺激感」は無いかもしれません。
しかし、効いたことある素材や、バカらしいと思わしてくれる挑戦をするユーチューバー。
見る人に「近い存在感」を与えますね。

落ちがある

やっぱ、落ちがあると、安定感ありますね。
水戸黄門的な安定感。
「落ち」があると「視聴者に”届いた”動画」になりますね。

突然、顔をアップにする

これは「編集の技術」が必要ですが。
ユーチューバー(配信者)の顔が、突然UPになる動き、は面白いですね。
何か「迫力」が出ます。

カットが2秒から長くて10秒

「長い回し」は基本少ないですね。
ライブ配信と違って、どうせ動画編集してからアップロードするなら。
2秒から10秒で「テンポ良さ」を見せても良いですね。

企画力がある

「面白い」や「斬新」はさておき。
人気ユーチューバーの作品(アップロード動画)には「企画力」がある!!!
『試しに〇〇してみた』
など。企画として、視聴者に提案してる。

お~~~。

面白いユーチューバーは?

「桐崎栄二/きりざきえいじ」さん、と言わざるを得ない。
最近(2019年1月、2月)の、動画は秀逸。
完全に、プライベートを巻き込んでの、メチャクチャ劇。
ユーチューブの世界だけでなく、現実世界をカオスに流し込む「手法」で、見る人のリアルの壁を、ぶち壊してくる。

同じ世界に住む人間として、この動画を手離しに称賛するわけにはいけないが。
例えば「後輩の高校入学前のLINEグループに侵入」など。
最後は、退会させれて終わる姿は、コメント欄の「私が友達なら面白い」などのファンを獲得して終わっている。
「面白いユーチューバーを選べ」と言われたら。
彼を避けたら「それは嘘」だ。

だからこそ!!
彼を超える、越えてるユーチューバーは、他にいらっしゃらないか??
分かり次第で、お伝えします。

<ギリギリの線と言う感覚は?>
ユーチューバーって基本「ギリギリの線」を狙ってやってる。
その「ギリギリ感」は面白い。

ギリギリ感について、話を深めてみる。
そもそも「ギリギリ感」とは何か?
実は「ギリギリ感」ってのは「世界中の全ての人」が本当は意識せずに持っている共通の感覚のことだ。
これを、ぶっ潰す作品は、実は面白い。(笑)

御菓司屋のまとめ

まぁ、とりあえず・・・。
とりあえず、御菓司屋は、ゆるい動画を投稿しよう!! (爆)