ゲーム実況ライブ配信でOBS Studio. で「動画の出力が低すぎます」「YouTubeが受信している動画が少ないため、滑らかなストリーミングを維持できません」になる。

中々、苦労しました。ライブ実況配信を上手くやるには・・・。
「カクカク」なりました。
でも、何とか配信できるようになりました!! パチパイパチ。

今日は、試した方法をお話します。
大体、原因が分かりましたよ。

僕(御菓司屋)のライブ配信したPC

WIN10
ノートパソコン
動画編集可能レベルのスペック

御菓司屋のノートPCゲーム実況ライブ配信に、丁度良い設定から紹介します!

「映像」
基本キャンパス解像度「1280×800」
出力解像度「640×400」

「出力」
ビットレート「3000」~「1000」の間でOKだった。
キーフレーム間隔「1」
CPU使用のプリセット「veryfast」

これでやります。これならOKです。

ゲーム配信が上手く行かない設定

「映像」
基本キャンパス解像度「1280×800」
出力解像度「1280×800」(これ以上)

「カクカク」します。
これだと「動画の出力が低すぎます」になります。
「YouTubeが受信している動画が少ないため、滑らかなストリーミングを維持できません。
視聴者側でバッファが発生します」
になります。

大切なのは
「出力解像度」です。
これを、低めにします!!!
しかし「解像度を低くしても、上手く行かない!! なんでだ!!!!」って人もいると思います。
安心して下さい!! まだ手段はあります。これから紹介します。

それでも「カクカク」が直らない場合!! ってか設定変更したら、さらに酷くなった!!

上手く行かない!!
もうダメだ。ゲームライブ配信は諦める・・・。
そうなりかけの人に試して欲しいです。

1度「OBSを再起動」します。
そうすることで、今までだと、上手く行ってなかった設定(条件)でも
「全く同じ」でも、上手く行きます!!

試しにどうしても上手く行かない場合。
設定を変更するたびに、かなり面倒ですが「OBSを再起動」させてみてください。

最後に基本キャンパスサイズも書きます。

ゲーム実況ライブ配信のキャンパスサイズについて

私の場合は基本キャンパス解像度が「1280×800」で合いました。
お使いのPCだと「1920×1080」が合う方もいます。
それでも「カクカク」なった場合。
大事なのは下記2点です。

1、「出力解像度」です。
2、「OBSスタジオの再起動」です。

それでは、良いゲーム実況ライブ配信を!!!