New! テクノロジー

皮膚の傷跡を治す方法

皮膚に傷がついたら、治したいと思いますよね?
治し方を調べました。

(目次)
1.傷の仕組み
2.皮膚の傷跡を治す方法

傷の仕組み

傷は皮膚につきます。皮膚は2種類に分かれます。
1つは表面を覆う

「表皮」

です。厚さは0.2mmくらいです。こちらについた傷は修復され元に戻ります。
しかし、その奥にある

「真皮」

にまで傷が入ると、後が残ってしまいます。

皮膚の傷跡を治す方法

傷跡は消したいですよね? 消してしまいたい!
なにが出来るか?
まだ、効果は謎ですが、傷あと、やけどあとに

「アットノン」

と言う商品があます。第2類医薬品、小林製薬です。
もう一度言いますね。

「効果は謎」

です。
まだ御菓子屋は試したことないので・・・。

近く、検証します。

最後になりますが。
他にも、気になったことを調べ紹介しますので。
あなたにとって、中々無かった情報になればと思います。

気が向けば、ウェブページの「お気に入り」登録して頂けたら
更新張り切りますv

ブロックチェーンを使った「証明書発行」とは何か?

ブロックチェーン技術。
当然あなたも、言葉は聞いたことがあると思います。
なんか、僕たちの未来が大きく変わりそうなにおいが、プンプンします。
あぁ、今の時代も古くなって行くんだなぁ・・・。としみじみしますね。。
さて、そのブロックチェーン技術とは、簡単におさらいしておくと、一番有名なのは、仮想通貨を可能にしたことですね。
ただ、今回御菓司屋が話したいのは

ブロックチェーンを使った「証明書発行」についてです。
ブロックチェーンの技術で、仮想通貨のビットコインを作るのは、理解できます。情報を分散させて管理する、不正が行われても、PC処理が、未来に追いつかない。新たな信用ある通貨が可能になりました。
仮想通貨以外でも、これからますます、ブロックチェーン技術が浸透し、社会に広がりを見せるのでしょうか?
その候補の1つ、いまいちピンと来ない「証明書発行の便利さ」について、解説します。

なぜ、大学学位証明の発行などの証明書発行に、ブロックチェーン技術が使われるのか?

僕には、どうして、証明書発行にブロックチェーンの技術が必要なんだ? と思いました。それはつまり今のままじゃ、どうしてダメなんですか?と言う意味です。
そして、僕の出した結論です。

結論は
「世の中には、不正をするヤツが多すぎる!!」つまり「大学卒業してないのに、俺は卒業した! と言う人が多すぎる」と言う結論です。
僕は、あまりピンと来ませんが、おそらく企業の採用担当者や、再入試を担当する学校運営に携わる人なら、決して「無い問題では無い」のだと思います。
要するに、全ての人間が、ブロックチェーンの技術を使えば、理想として、学位証明の不正は無くなると言うことです。極端に言うとね。
これはありがたいことです。
(ちなみに、御菓子屋は、そう言えば大学中退だった・・・)

 小さな不正が少なくなれば、それだけ、誰かの負担は減りますから。
後になって、困る人が減る。それはハッピーに繋がります。
今は、多くの人が、直接的には関係の無いことでも、小さな積み重ねが、良いものを作って行く。

ブロックチェーン証明書の現状は?

現状をお伝えします。
国内では。2018年現在、経済産業省が準備をしているところです。
2019年に実用化出来ればとのことです。

海外では。
アメリカの、マサチューセッツ工科大学(MIT→TはテクノロジーのT)では、2017年6月に、コンピュータサイエンスの学位を取得した学生に大使、ブロックチェーン技術を活用したデジタル証明書の発行をしています。
また、イタリアの、カリアリ大学でも、すでに学位証明書の発行を行っています。

御菓子屋の結論

おそらく「不正がゼロになる」と言う観点から、日本でも、全ての大学の学位証明や、役所の書類発行も、ブロックチェーン技術が使われて行くでしょうね。
人が楽になり、かつ不正も減るなら、その方向に向かうでしょう。