寝たいときに寝れて、起きたいときに起きられる生活。
仕事をしていて、徹夜する。そうすると、睡眠リズムがくるって、夜寝付けなくなる。遊んでいてオールする、リズムがくるう。ストレスから、夜うまく寝られない。そんな困難を解決する方法があるのか? 調べてみました。

(目次)
1.本当に眠くなる方法
2.一般的な快眠法。夜寝られる方法。

本当に眠くなる方法

本当に眠くなる方法はあるのでしょうか?
結論を言います。調べてもありませんでした。
だから

世間一般の、眠れる方法を試す以外はわかりませんでした


ですので、世間一般の、御菓司屋が良いと思う方法をご紹介します。
ちなみに、御菓司屋の睡眠時間は長い方ではありません。7時間寝ることは少ないです。

一般的な快眠法。夜寝られる方法

まず、

御菓司屋の大好きな「睡眠」に対する行動

を紹介します。それは

「昼の14時に、毎日、1分間だけ、両目を閉じる」

です。

目を閉じる。たったそれだけで良いです。

これを、最低でも一週間は続けてください。時間は14時でなくても、12時から14時くらいであればOKです。忘れないことが大事です。
この運動により、一時的に副交感神経が働き、体をリラックスさせます。夜の睡眠に備えたリズムづくりに役立ちます。

他にも一般的なのは
「本当は寝なくても大丈夫」「音楽を聴く」「体を温めて、冷やす」などがあります。

最後になりますが。
他にも、気になったことを調べ紹介しますので。
あなたにとって、中々無かった情報になればと思います。

気が向けば、ウェブページの「お気に入り」登録して頂けたら
更新張り切りますv