格安で、しかも最短で「特許を取る方法」。特許料等の減免制度紹介や特許の早期審査のやり方

御菓司屋は特許申請する必要がでてきました。
今回は、特許をどうやって申請するか? をお伝えしたいと思います。

まずは、似たようなアイディアが既に特許を取得状態かどうか? 調べる。

もし同じ特許が既に取られていたら、申請する意味ないですからね(笑)。

もう既に無いか? を調べましょう。

ジェイプラットパット(J-PlatPat)「特許情報プラットフォーム」を使います。

特許申請に必要な書類

• 願書(名前や住所などを書いた書類)
• 明細書(特許を申請するアイデアや発明を具体的に文章で説明した書類)
• 特許請求の範囲
• 要約書(簡単に文章で説明した書類)
• 図面(図で説明)

特許申請の基礎。「図面」を書いて、担当者に分かりやすく伝える。

「図面」は必ず必要ではありません。
文字で伝えても良いです。
でも、分かりやすく審査してもらうように「図面」を用意する。
はい。

特許の費用

特許申請にて、費用はどの程度必要なのでしょうか?

特許申請に必要な「書類提出」費用

14,000円

電子化に必要な費用

不要な場合有り!!
1、郵送
2、直接特許庁で書類を書く
3、インターネットから申し込む
この場合、一番安いのは3「インターネットから申し込む」です。
自分で電子化するために、費用は0円。

「1郵送」と「2直接特許庁で書類を書く」は、電子書類データにする際に、手数料が必要になります。
1,200+700円 × (申請書類の枚数)
インターネットから申し込めば、費用は不要です。

(嬉しい!! サポート窓口がある)
ネット申請を無料でサポートしてくれる「知財総合支援窓口」を、確かめましょう。
例えば「一般社団法人 〇〇県発明協会」などがあります。

認められるか? 審査をしてもらう為に必要な「審査請求」費用

既に認められた特許は膨大にあります。
これに該当しないかを、プロにチェックしてもらう為の費用です。
118,000円 + 4,000円 × 「請求項の数(だいたい10個くらい)」 = 審査費用
合計は約160,000円です!!!

特許が取れた後に、特許庁に登録する「特許登録時」費用

やったぁー。特許が認められた!!
その後に、登録する年単位の費用です。
1年間で 2,100円 + 200円 × 「請求項の数(だいたい10個くらい」 = 登録費用
合計は1年で約4000円です!!!
これを3年分とかで納付します。
1万2000円くらい。

特許が認められるまでの期間

だいたい1年間くらい必要です。
まず、1年程で、最初の審査結果が届きます。
そこから手直しすることで、1年と2、3カ月後に、特許が取れます。

ただし!!
特許を申請する人が個人や中小企業などの場合、早く審査を進める制度がある!!!
なんだと!!!

「特許の早期審査」

(1)実施関連出願
(2)外国関連出願
(3)中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願
(4)グリーン関連出願
(5)震災復興支援関連出願
(6)アジア拠点化推進法関連出願

詳細は省きます。
例えば「個人で何か発明して、何とか特許を獲りたい!!」と思ったとします。
その場合は
「(1)実施関連出願」を選んで、提出します。
内容について説明すると「〇年〇月〇日」に「私は必ず製品化します!!」と言う旨です。
新たな特許で、早く製品化したい!! って人は、(1)実施関連出願の1択か! なんだ!

なんと、4カ月以下に短縮!!

特許申請費用の割引(特許料等の減免制度)がある!!

審査請求の費用(約160,000円)なんと、3分の1に軽減できる「特許料等の減免制度」がある!!
詳細は「特許庁ページ」より。

なんだと!!!!!(笑)。割と、最近!!
おそらく平成26年4月1日から始まってます。
ありがとう。

どうやって減免制度を利用したら良いの? 具体的なやり方は!! (笑)

減免制度利用で「必要な書類」と「対象者」

(必要な書類)
(1)軽減申請書
(2)証明書類(個人事業や中小ベンチャーと言う小規模であることを説明する書類)

(対象者)
a.小規模の個人事業主(従業員20人以下(商業又はサービス業は5人以下))
b.事業開始後10年未満の個人事業主
c.小規模企業(法人)(従業員20人以下(商業又はサービス業は5人以下))
d.設立後10年未満で資本金3億円以下の法人

だから「自分、個人でやってます!! 素人です!!」って言う、いきり屋は!
「個人事業主」として登録して、当然(a)の従業員5人以下(20人以下)で、(b)の10年未満です!
の1択ですか。(笑)

これで、感覚として合計費用が1/3になります。
まぁ、ざっくりと書きますが
「申請費用」「審査費用」「登録費用」の合計(約20万円)が1/3になる感覚です。
つまり
なんだよ!! 「7万円」くらいで特許取れんのかよ!!(マジかよ!!)
まぁ詳しくは、特許庁ホームページだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする