青色の陶器の作り方。御菓司屋は瀬戸焼きの青。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
       

青色の陶器。僕は「瀬戸焼きの青」が大好きです。
お皿で、青色の艶のあるものです。

では、陶器に色が付いていますが、どうやって付けるのか?
調べてみました。

陶器に色を付けるには「釉薬(ゆうやく・うわぐすり)」を塗る

釉薬(ゆうやく・うわぐすり)。べつに「ゆうやく」でも「うわぐすり」でも良いです。これを陶器に塗ることで、色ができます。

だから、青色用の塗り薬もあると言うこと。
コバルト系の釉薬の種類は「海鼠釉」「瑠璃釉」があります。
これを使って、みなさんも、青色陶器を作ってみましょう!

瀬戸焼きについて

中世期では唯一、釉薬を使って作られたとのこと。瀬戸焼振興協会「こちら

とにかく、瀬戸焼きの青はかっこいい!!



     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*