静岡県に移住して、釣りをしたい!(伊豆とか、静岡市清水区とか) どうやる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
       

はい! 御菓司屋です。このブログを書いてる時は2018年11月なので寒いです。僕は今、東京渋谷区に住んでいます。(ま、余計なことですが、この記事は品川区不動前の、誰にも邪魔されないお気に入り場所で作成してます、外ね)。まぁまぁ、今回は「釣り」しかも「静岡県限定」で検討したいと思います。

静岡県は、広く海に面してて、スポットも多数ありますね。その中で、現時点では「清水区」にこだわって紹介したいと思います。もちろん伊豆(南、西、東含め)とか熱海や伊東や下田も超魅力的なのですが!

なんで御菓司屋は、静岡市清水区に限定して「移住」と「釣り」を、押し込んで来るのか?

何で、静岡で釣りする時に、清水区だよ? と。他にも静岡県には、スポットいっぱいあるだろ? と。そうですね。

1つ理由があります。それは「移住(静岡県外から、静岡県に引っ越して来る人)」についてです。

実は、静岡市清水区には「移住体験施設」があります。これが大事で「今、日本の自治体は、移住検討者に向けて、移住体験施設」を「用意中」です。やったーぁ! まぁ誰でも申請できます。

しかしまだ日本は。「移住体験施設を体験するブーム」は到来して無いです。

「移住体験施設に、もうガチのガチで、力を入れてる地方自治体は、目立ってはいない」状態です。でも「移住への取り組みは、各地方自治体さんで頑張ってされている!」そんな「今(2018年11月)」があります。

話を横に広げますが、例えば、「鹿児島県に三島村(離島)」があります。ご存知ですか? 移住者に牛一頭プレゼントの村です。(御菓司屋過去記事は「こちら」)ただ、御菓司屋は思いました。「牛一頭を貰えるのは、永住が基本です。少なくとも10年以上は、まぁ死ぬまで三島村に住んでくれ」と。

はぁ? 御菓司屋は役場の方に言いました。「死ぬまで三島村に住むことは、考えられない!」と。だって、そうでしょ? 「死ぬまで」ですよ? 「そんなもん、約束できるか!!」と。

でも!! 大事なことは。「三島村さんが何を考えられてるか?」です。だから、御菓司屋はこう聞きました。「鹿児島県の三島村(離島)さん」は「500人でも1000人でも、一時的なブームだとしても。人が三島村に流入してくれることは、嬉しいですか?」と。そして、島のこの答えは「イエス」なのです。

だから!! 本当にこの国(日本)に必要な移住手当制度は「半年間(中期間)の移住者に対しての、まずまず手厚い応援」です。この「気軽な体験制度」こそ、実は、日本を変えると「ブームを起こす」と御菓司屋は、ここに書いときます。じゃあ「そう言う場所は、まだ日本に無いかと言うと、実はある」のです。

それが。静岡県清水区です。静岡県清水区は「中期移住体験施設」を提供中です。そして、その場所から「三保半島(みほはんとう ※清水区にある半島)」に行くことが可能です。

しかし、人が多く移住してくれたら嬉しい各公共自治体」と言えども「自分の自治体だけ、移住支援を手厚くすることは怖い」のです。そうですよね? 批判を受けたり、制度に不備があった際に面倒なことになりたく無いですもの(笑)。だからこそ「中期移住制度を応援する国民」が必要なのです。

つまり「半年間移住体験施設を、日本全国に作りまくる。(例えば、漁村や農村と連携して、施設提供する、空き屋とか地元民宿を積極的に使う、補助を出す。かつ、そこで生活している地元の産業に移住者のお金を流す)」こうして「日本人に、自分に合った地域を探させる」そして「移動を活性化させる」と言うことです。

でね。静岡市清水区では。三保半島(みほはんとう)で釣りが出来ると言うことは、基本です

世界文化遺産である三保の松原(三保半島)から、釣りが出来ると言うことを、知らない人は居ないと思います。

秋から冬。11月か12月なら「クロダイ」か「マアジ」か「マダイ」を、狙うことが出来るようですが、本当に釣れるのでしょうか?

えー。御菓司屋に、何が釣れるか、試せ? と言うことでしょうか・・・。まぁ、移住した際に、何の魚を調達できるか、知らねばなりませんね・・・。
ちなみに。マダイって、これね。(図参照)

静岡市清水区の移住体験施設について

一つ重要なことが分かりました。こちらの施設には移住者を呼び込もうとする熱意が無いことが分かりました。ただ、それが悪いことかと言うとそうではありません。説明します。「全く知らない人に、清水区を知ってもらって、清水区に移住を検討して貰う!」と言うスタンスで「移住体験施設を用意していない」と言うことです。

説明します。 おそらく、あなたにとって大事です。日本の、住む場所を求める移住検討者にとって、この施設は関係ありません。「もう既に、ほぼほぼ清水区に移住が決まっている人、に対して、試し住みをして貰うのに使って貰う」と言う施設です。調べて分かりました。

何となく、伝わるでしょうか? つまり「日本全国で自分の住みたい場所を探している人(あなた)」にとって「利用しやすい施設では無い」と言うことです。

はい。 ただ、もちろんですが、全国の自治体に、全都道府県全てに、最終的に「移住者を積極的に呼び込むための、移住体験施設(地元の産業と一体化された)が必要」ですよ。今は、書いたようなこんな状況です。



     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*