「泣きたい」泣く方法をあなたに紹介します! 泣いて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
       

外は雨。心も雨・・・。そんな時は、ストレス発散の為、気分転換の為、おもいっきり泣きたい!! そう思う人もいるんじゃ無いですか?
 今日は皆さんに「○○をしたら、おもいっきり泣けるよ!」と言う話が出来れば!と思います。先に言っときます。失敗したら・・・(探すのに失敗したら・・・。御菓司屋は見切りスタートが良くある、、)その場合は・・・。

さてさて、簡単に泣く方法! お届け致します。

泣くのは、運動。筋肉を動かす必要がある

例えば、あくびについて。「咀嚼筋(そしゃくきん)」や、「表情筋(ひょうじょうきん)」といった顔の筋肉が、「涙腺(るいせん)」や「涙嚢(るいのう)」を押し上げて、たまっている涙がしぼりだされる。

これを可能にするのは、喉の奥に指を突っ込んで、筋肉を動かすと言うものです。やるのはキツいと思いますし、全くオススメしていませんが(笑)。飲み過ぎで吐こうとした際に、涙が流れますね。

「基礎分泌」を使って涙を流す

「基礎分泌(きそぶんぴ)」とは、感情や刺激によって流れる涙とは別の「眼球を潤す(乾燥を防ぐ)為の涙です。パソコン仕事や、テレビゲームなどを続けてたら、ドライアイにもなりますが、涙が出てくることもたまにありますよね? 強風にあおられている時も、涙が出てきます。では「基礎分泌を増やして泣きたいと思ったら、どうしたら良いか?」

それは「目を大きく見開いて、そのまま1分くらい瞬きせず耐える(泣)」こうすることで、無理矢理に目を乾燥させてください。全くやりたくない・・・。

すいません。体に悪そうなことばかり、紹介しました

まぁ無理もないですよね。体から自然と涙が溢れるのでは無く、自分で調節して、無理に泣こうとするわけですからね。。

ただ「泣いて気持ちを切り替えたい!!」と強く思う方は! なんとか泣いてみてください、ツラいと思いますけど。



     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*